金沢のお土産「YUKIZURI」洋菓子を紹介

先日、金沢駅の百番街で購入したお土産”LE MUSĒE DE H”(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)「YUKIZURI」を紹介します。

 

f:id:SITOSA99:20191027184931j:plain

YUKIZURI

「YUKIZURI」のネーミング由来は?

石川県の冬の風物詩”雪吊り”をコンセプトに生まれた洋菓子です。

一般的にはユキツリ(YUKITURI」と読みますが、金沢の方言でユキヅリ(YUKIDURI)と発言するそうで、ネーミングを決める際に、「Zがカッコイイから」「金沢(KANAZAWA)]”Z"が含まれているとか経緯はいろいろあったそうです。

早速開けてみます。

北陸三都物語(富山・石川・福井)

f:id:SITOSA99:20191103162252j:plain
f:id:SITOSA99:20191103162248j:plain
北陸三都物語

こちらを買った理由は3種類あったからです(笑)

開けて食べてみましょう。

YUKIZURI(富山)

f:id:SITOSA99:20191103162243j:plain
f:id:SITOSA99:20191103162239j:plain
富山の味

下がサブレ、真ん中がミルフィーユ、上は積もる雪を見立てたシュガー。味はシュガーと梅の酸味が効いていて美味しいです。

YUKIZURI(石川)

f:id:SITOSA99:20191103162256j:plain
f:id:SITOSA99:20191103162301j:plain
石川の味

こちらは能登の梅をふんだんに使っているためか、梅の味が強く感じます。

YUKIZURI(福井)

f:id:SITOSA99:20191103162305j:plain
f:id:SITOSA99:20191103162311j:plain
福井の味

こちらも梅の酸味があり、さらに抹茶の香りがします。

どれもサブレ・ミルフィーユ・シュガーの三層で食べ応えがあります。

YUKIZURI(金箔)

楽しみにしていた金箔です。

f:id:SITOSA99:20191103162324j:plain

限定品

こちらは限定商品。

f:id:SITOSA99:20191103162320j:plain

食べてみましょう。

f:id:SITOSA99:20191103162315j:plain

贅沢な味わい

こちらも三層で仕上げたお菓子。金箔が落ちないように慎重に食べます。

味は石川県産のサツマイモの味で、塩味が効いています。さらに、梅の酸味があり絶妙なバランスです。

まとめ

金沢駅はのお土産は多くの種類があり、だいぶ迷いましたが、”LE MUSE DE H”(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)「YUKIZURI」を選んで良かったと思いました。美味しいし、軽いので持ち運びが楽です。味の種類も紹介した他に色々あります。こちらのお店ではバウムクーヘンやシュークリームなどもあり、美味しそうでしたよ。金沢に来た際には、こちらの商品を検討してみてはいかがでしょうか?